オフィスワークをしている人はどうしても時間管理の概念が薄くなりますが、上司はしっかり管理する必要があります。

オフィスワークにおける総務の仕事
オフィスワークにおける総務の仕事

オフィスワークと労働法規

オフィスワークをしている人は、労働時間に関してかなり意識が下がってしまう場合があります。工場等で働いている場合は、始業時間と就業時間がはっきりしているため、残業か否かということが自分でもはっきり意識できますし、上司側・会社側もしっかり管理するのが普通です。

しかし、オフィスで仕事をしている人は、中には管理者として残業時間関係なく成果を出すことで給料をもらっている人も混じっています。また、派遣社員の方がいることによって、時間管理の手法もその他の社員と異なるという場合もあります。さらには、フレックスタイムをやっているオフィスもあります。そうなると、オフィス全体の始業時間や就業時間というものが存在しなくなります。

働いている社員もどうしても時間管理の概念が薄れてしまいます。しかし、上司に当たる人は、その労働時間はしっかり管理をしなければいけません。そうしないと労働法規に触れることになります。特にフレックス管理の場合と、残業時間の管理は上司として、会社として、従業員側と一体になってしっかり行うことが、結果的に法令も守り、仕事の効率もあげ、最終的には従業員と会社双方にとっていい結果をもたらすと思います。

注目の情報

Copyright (C)2017オフィスワークにおける総務の仕事.All rights reserved.