オフィスワーク時にはこまめな休憩が仕事効率を高める。仕事中の姿勢や、パソコンの位置なども重要である。

オフィスワークにおける総務の仕事
オフィスワークにおける総務の仕事

オフィスワークの疲労を極力抑える方法

オフィスワークは多くの場合、パソコンに向かいながらのデスクワークとなります。何時間も同じ姿勢で画面を見て、キーボードを打っているのは健康にも視力にもあまり良くありません。仕事内容にもよるでしょうが、せめて1時間から2時間に一度は画面から視線を外し、窓の外を見たり席を一旦外したりするようなことをお勧めします。

以前、ニュース記事か何かを読んだことがありますが、ぶっ通しで仕事をするよりもこまめに休憩を取ったりするほうが仕事効率があがることが、研究でも証明されているそうです。仕事の合間のストレッチなども、疲労回復や肩こり予防に効果的です。水分を採ったり、チョコレートなどの少しの糖分を補給することも脳の疲れを取るのに有効だと言われています。

オフィスワークを行っている際の姿勢も重要です。背筋を丸めてパソコンに向かうと、より疲れがたまりやすくなると言われます。意識的に背筋を伸ばし、正しい姿勢で仕事をすることをお勧めします。パソコンのディスプレイの位置は、まっすぐの目線よりも少々下にあるように調整し、机は肘が90°で乗るような位置が良いでしょう。最近流行っている、ブルーライトをカットする眼鏡なども眼精疲労の軽減には効果的です。

注目の情報

Copyright (C)2017オフィスワークにおける総務の仕事.All rights reserved.