オフィスワーク中のパソコン作業で手や腕に痛みを感じたら、こまめにストレッチして血行を良くしましょう。

オフィスワークにおける総務の仕事
オフィスワークにおける総務の仕事

オフィスワーク中の手や腕の痛み

オフィスワークをしている人の中には、肩こりや首凝り、腰痛などの症状ががよく見られていますが、その他にも手や腕の痛みに悩んでいる人も案外多いのではないでしょうか?手や腕の痛みは、長時間のパソコンのタイピング作業により筋肉が疲労し、固まってしまうのが主な原因です。タイピングぐらいでと思う人もたくさんいますが、一回のタイピングで筋肉にかかる負荷はごくわずかでもそれが何千、何万と積み重なればどんどん疲労は溜まってしまいますよ。

少しでも筋肉の疲労を和らげるために、普段からこまめにストレッチをして血行を良くしていきましょう。指や掌がだるくなってきたなと思ったら掌を握ったり開いたりするグーパー体操がお勧めです。この時、なるべく力を入れて行うと筋肉に刺激が伝わりより効果が期待出来ますよ。10回くらい繰り返す事で徐々にだるさも軽減されていきますし、血行も良くなり掌全体がポカポカしてくるのが分かりますよ。腕の痛みやだるさには、前腕の筋肉を延ばすようにしましょう。前腕とはひじから下の部分の事です。腕を前に伸ばして親指を覗いた四本の指を反らすようにして伸ばすと前腕部分の筋肉を延ばす事が出来ますよ。

どちらのストレッチもオフィスで気軽に行う事が出来るので、ぜひ試してみてはどうでしょうか?

注目の情報

Copyright (C)2017オフィスワークにおける総務の仕事.All rights reserved.